Icon  no02
Title  tolly
下北沢トリウッド
下北沢南口商店街を抜けた五叉路に佇む小さな映画館。00年代にピークを迎えたミニシアターブームが終わっても作品選びに妥協せず映画ファンに愛され続けている。映画人を育てる学校と提携し、製作や配給まで手がける“街の映画館”には、今日も好奇心旺盛な若者たちが出入りする。
Photograph by Shinji Yagi
Styling by Daisuke Deguchi
Hair and make up by Ayumi Naito
Text by Shoichi Miyake
Model by Anna Kawamura, Hinata, Yuka Nakao

下北沢の映画文化に
火を灯しているミニシアター
下北沢駅の南口改札を出て、商店街をゆっくり歩く
こと10分弱。古着屋や飲食店も入っている路地裏の
ビルの2階にトリウッドというわずか47席の映画館が
ある。いわゆるミニシアターだ。トリウッドが開館
したのは1999年12月。一風変わった劇場名は、テレ
ビでタレントの関根勤が「ボンベイで作られるイン
ド映画がポリウッドなら、東京で作られる映画はト
リウッドだ」と言っているのを観た劇場支配人の大
槻貴宏がその名称を気に入り、テレビ局と関根が所
属するプロダクションに許可を得て冠したという。
時代は日本にシネコン型の劇場が増える前夜であり、
都内には魅力的なミニシアターが点在していた。近
年、名だたるミニシアターが相次いで閉館していく
なか、それでもなおトリウッドは下北沢の映画文化
に火を灯している。スタッフの山本達也氏が劇場の
歴史を聞かせてくれた。
「記憶が曖昧なんですけど、僕がスタッフとして働
き始めたのは開館から4、5年後だったかな?」
なぜ記憶が曖昧かというと、山本氏は「映画を撮る

側」としてトリウッドに出入りするようになったか
らだという。
「オーナーの大槻貴宏が、僕が映画を学んでいた専
門学校の講師をしていまして。僕は大槻の生徒だっ
たんです。卒業から1年後に僕はその専門学校で大槻
の助手になったんですけど、ちょうど同じころにト

リウッドがスニークプレビューを始めたんです」
スニークプレビューとは格安かつ無審査で映画を上
映できるシステムのことだ。「覆面上映」とも称さ
れる。スニークプレビューで200人以上の動員があっ
た作品はロードショーの権利が与えられる。開館当
初からスニークプレビューはトリウッドという劇場

のアイデンティティになっている。「僕も仲間とス
ニークビューを利用して自主制作の映画をトリウッ
ドで上映させてもらいました。それが2001年ですね。
トリウッドとの関わりはそこからです。お金もなく
て、自分に才能があるかわからない状態にいる二十
歳そこそこの若者たちが映画館で作品を上映できた

のはすごく大きな経験でした。作品を自分の世界で
終わらせるのではなく、外に開かれたものにすると
いう意味でも」
でも、と山本氏は続ける。「当時に比べて今はスニ
ークプレビューを利用する人がかなり減りました。
スニークプレビューを採用する劇場が増えましたし、

インターネットで映像作品を公開できるようになっ
たことも理由として大きい。当時だったら週末のい
い時間帯2、3ヶ月先にスクリーンを押さえておかな
いと予約が取れなかったんですよ。」

Slide01 Slide02 Slide03 Slide04 Slide05 Slide06 Slide07 Slide08 Slide09 Slide10 Slide11 Slide12 Slide13 Slide14 Slide15

新海誠がキャリアを積んだ「聖地」 客層も時代とともに変化しているという。
「上映する作品にもよりますけど、昔のほうがマニ
アックなお客さんが多かったですね。最近は下北っ
ぽいと言いますか(笑)、オシャレな若いお客さん
が増えています。去年、ラーメンズの小林賢太郎さ
んが手がけた『カラフル忍者いろまき』というアニ
メーション作品を上映したときは親子連れのお客さ
んも多数いました。トリウッドで上映する作品の基
準ですか? アニメーション作品が多いのは特徴だ
と思います。あとは実写も含めて一貫しているのは
大槻が気に入った作品ということだけかな(笑)。
強いて言えば、自分の足で立つ力を持っている監督
をトリウッドは応援していると思うんです。たとえ
ば新海さんも最初はほぼ全部一人で作った作品をト
リウッドで上映して、少しずつ進んでいった結果、
あそこまで大成功されたので」

「新海さん」とは、昨年社会現象を巻き起こした
『君の名は。』の監督、新海誠のことである。トリ
ウッドは彼の商業デビュー作『ほしのこえ』を初上
映した劇場なのだ。新海の才能をいち早く見いだし
たトリウッドはファンの間で「聖地」とさえ呼ばれ
ている。

「『ほしのこえ』の初上映したときに来てくれたお
客さんが、『君の名は。』を上映したときもいらし
ていて、感慨深いものがありましたね」
「ミニシアターだからこそ生まれるお客さんとの一
体感がある」と山本氏は言う。
「山本寛さんという物議を醸すアニメーション監督

の応援上映をやったときに映写室から客席を覗いた
ら、お客さんがみんなサイリウムを光らせていまし
て(笑)。その光景はおもしろかった。このサイズ
の劇場だからこその自由度があるし、舞台挨拶やイ
ベントがあるときはコミュニケーションの密度がグッ
と濃くなる。今年のゴールデンウィークには京都の

劇団、ヨーロッパ企画とコラボレーションした上映
があったのですが、最終日にメンバーから突然『舞
台で寸劇をやりたい』という要望があって、実際に
やってもらったんです(笑)。そういうハプニング
が生まれるのも楽しいですね」
最近は下北沢にある映画館ということをより強く意

識するようになった。
「シンプルに大槻をはじめ自分たちがおもしろいと思った作品を上映するのが一番ではあるんですけど、下北沢という街に愛着のある人たちがどういう映画をおもしろがるのかを意識していきたいですね。下北沢は演劇や音楽の街でもありますし、そのあたりも考慮しつつトリウッドらしい企画も実施していきたいですね」
これからも、トリウッドは下北沢の映画文化を支え続ける。黄色く輝く47席が、あなたを待っている。

Title  style Title  style  m

Style01 cover クルースウェット 8,900円、スニーカー 13,800円(すべてChampion)、その他 スタイリスト私物
Style02 cover クルースウェット 8,900円、スウェットパンツ 8,900円、キャップ 4,200円、バック2,500円、スニーカー 13,800円(すべてChampion)その他 スタイリスト私物
Style03 cover サーマル 5,900円、中に着たサーマル 5,900円、スニーカー 13,800円(すべてChampion)、その他 スタイリスト私物
Map