Icon  no01
Title  guru
グルズ カット&スタンド
頭上を頻繁に列車が駆け抜けていくトンネルの真横にこのヘアサロンはある。一時期のブルックリンを彷彿とさせるのは、電車やトンネルだけのせいではない。ここが、ヘアサロンでありながらセレクトショップであり、ギャラリーであり、街のハブとなっているからだ。東京目黒区祐天寺に佇むオリジナルな店を訪ねた。
Photograph by Shinji Yagi
Styling by Daisuke Deguchi
Hair and make up by Ayumi Naito
Text by Shoichi Miyake

ヘアサロンがカルチャースペースになる 東急東横線に乗って祐天寺で下車する。日中は主に
お年寄りと学生が行き交う駅前に息づいている空気
は都心にありながらどこかのどかで、渋谷と目と鼻
の先という立地を思うと少し不思議な感覚を覚える。
商店街を歩くと、古くから地域に密着している店と
若いオーナーがオープンしたアパレルショップやコ
ーヒースタンドなどがナチュラルに共存しているの
もいい。
商店街に通じるガード下、グリーンに塗られた外装
が異彩を放っているヘアサロンがある。その名は、
『Guru’s Cut & Stand』。2009年のオープン以来、
スケーターを中心にストリートカルチャーの発信基
地としても知られている。その理由は店内に入ると
すぐにわかる。入口でお客さんを迎えるのは、オー
ナーである久保勝也氏自身がキュレーターを務める
アートスペース。目を動かすとインディーズブラン
ドのTシャツやキャップなどが並ぶスタンド、さら
に多種多様な小物やCD、店オリジナルのワックスな
どがディスプレイされているショーケースがある。
作品を鑑賞しに、あるいは物販を購入するために店

を訪れる人も少なくないという。なるほど、確かに
このヘアサロンはそこにいるだけでカルチャーに対
する好奇心が高まる場所としての求心力がある。も
ともとスケーターでもある久保氏はどのような理想
像を抱き、Guru’s Cut & Standをオープンしたのだ
ろう?

「スケーター仲間が気軽に行けるメンズサロンを自
分で出したいと思ったのが始まりです。男が美容室
に行くときって萎縮しちゃうところがあるんですよ
ね。そういう緊張感を取っ払いたいなと思ったんで
す」
ロールモデルは特にないが、ニューヨークで黒人が

営んでいる床屋のムードに感銘を受けたという。
「向こうの床屋は客が髪を切らないのにバスケの試
合をみんなで観てたりする。ウチの店も外のベンチ
で誰かと話したり、入口に飾ってるアートを観たり、
雑誌を読んだり、服を買ったりする人がいてもいい
店にしたいなと最初から思っていました。お客さん

と友だちの線引きがないんですね。だからこそ、出会いも生まれる。スタンドに置いているアイテムも見て刺激されて、自分でブランドを立ち上げた若者もいます」

Slide01 Slide02 Slide03 Slide04 Slide05 Slide06 Slide07 Slide08 Slide09 Slide10 Slide11 Slide12 Slide13 Slide14 Slide15

仕事と遊びは仲よくできるということ ヘアサロンでありカルチャースペースでもある
『Guru’s Cut & Stand』の魅力は口コミで伝播して
いった。
「僕らはコマーシャルなことを意識していないから、
あくまで自分たちの店に来てくれる人たちの口コミ
で広まればいいなと思っているし、実際そうなって
います。アート作品もそうだし、スタンドもディス
トリビューションを通していないので全部僕がいい
と思ったものしか置いていません。普通のセレクト
ショップでは扱っていないインディーズブランドや
海外のスケートブランドのアイテムも置いているこ
ともあって、だんだん雑誌でフィーチャーされるよ
うになったんです。のちに大手と契約して、ここか
ら巣立ったブランドもいくつもあります。中にはロ
ンドンのDOVER STREET MARKET でピックアップ
されて、そのまま銀座のDOVERで扱われているブラ

ンドもありますよ」
祐天寺に店を構えたのはたまたまだったという。
「今でこそ祐天寺にもシャレた洋服屋さんやコーヒ
ー屋さんがあるけど、この店を出したときは若者の
カルチャーの匂いがする感じはほとんどなかったで
すね。ここはもともと30年以上商売をしていた薬局

だったんです。いろんな街を流れて、祐天寺でこの
物件を見たときに“ここしかない!”と思いました。
目の前にお店がないことと、線路が近いから大きな
音も出せると思ったのが大きいです。今は難しくな
りましたけど、オープン当初は店内でパーティを
やってガンガン音楽を鳴らしていたんですよ。店の

前で仲間とスケボーをやっていましたし。当時、周
りに住んでいたおじいちゃんおばあちゃんがみんな
おもしろがってくれて」
久保氏の信条はシンプルで一貫している。それは、
仕事と遊びを切り離す必要はない。むしろ、仕事と
遊びが両立することで、双方に豊かなフィードバッ
クがあるということだ。「この店も自分が行きたい
遊び場を自分で作ったという感覚があるので。自分
の店を誰よりも自分自身がカッコよくて楽しい場所
と思えなきゃ嘘でしょって思いますね。そういう場
所だからこそ、カットにしても自分がいいと思うス
タイルをお客さんと自然に共有できる。そのスタイ
ルが何年後かにトレンドになったりすることもある
のがおもしろいなと思います」
久保氏はずっと仕事を遊びに、遊びを仕事にして
いく。
「今後の展望は楽しみたいということしかないです。
海外でも国内でも自分がおもしろい、イケてるなと

思うことをひとつでも多く見つけたい。その感覚は店に勝手に反映されていくので。今は別の者に店長を任せていて、彼がお店のディレクションもしてくれているから、僕はもっと遊べるようになりましたね。年に5回1週間ほど海外に旅に行けているし、スケートもしきゃいけないし、写真も撮りたいし、2人の子どもとも遊ばなきゃいけないから、遊びが忙しいです(笑)」
彼にとって、“スタンド”での仕事も究極の遊びのひとつということなのだろう。

Title  style

Style01 cover パーカ 12,800 円、中に着たTシャツ 8,900円、スニーカー 13,800円(すべてChampion)、その他 スタイリスト私物
Style02 cover パーカ 9,400円、Tシャツ 5,500円(すべてChampion)、その他 スタイリスト私物
Style03 cover スウェットシャツ 10,800円、中に着たTシャツ 5,500円、パンツ 8,900円(すべてChampion)、その他 スタイリスト私物
Style04 cover パーカ 9,400円、中に着たTシャツ 8,900円、パンツ 8,400円、スニーカー 13,800円、キャップ 4,200円(すべてChampion)

Title  other

Thumb  no02
Thumb  no03
Thumb  no04