あえて制限を設けることで、ドリブルテクニックを向上させる

ドライブするタイミングで、しっかりと状況を判断する

コートをフルに使った練習で、スペーシングを身につける

全員が状況判断を行えるよう心がけた練習を

SHARE

STEP 01

あえて制限を設けることで、ドリブルテクニックを向上させる
この練習では、3Pラインに沿って2つセットのコーンを6箇所に置きます。そして、オフェンス側の選手はその2つの間からのみレイアップシュートを打つことができるように制限します。そうすることで、ドリブルのテクニックを効果的に伸ばすことができます。

STEP 02

ドライブするタイミングで、しっかりと状況を判断する
2つめのルールは、「オフェンスは3Pエリア内に2人まで」です。これは、実践の試合にもあるように、ペイントエリアに味方オフェンスが密集しているにも関わらず、自分本位のタイミングでレイアップをしてしまう。これを防ぐための練習として、この練習が最適です。

STEP 03

コートをフルに使った練習で、スペーシングを身につける
3つめは、「ディフェンスは3Pエリア内に入れない」、4つめは「オフェンスはワンショット打ったら逆サイドへ」というルールです。これを設定することによって、コート全面をフルに活用することができ、スペーシングや状況判断の力を身につけることができます。

STEP 04

全員が状況判断を行えるよう心がけた練習を
最後のルールは、「ディフェンスはカットしたらオフェンスと交代」です。こうすることによって、いかなるタイミングであっても状況を即座に判断する力が求められてきます。
PLAY MOVIE

OTHER DIGEST

他のダイジェスト

一覧を見る