スクリーンを使ったフレックスカット

ダウンスクリーンをかけてポップアウト

逆サイドへの展開

繰り返し続けられるオフェンス

SHARE

STEP 01

スクリーンを使ったフレックスカット
トップにいる青1から青2に、横へのパスを出します。パスが出ると同時に、逆サイドのローポストに位置する青5のスクリーンを使いながら、コーナーにいた青3がフレックスカットをしてペイントエリアの中へと飛び込んでいきます。

STEP 02

ダウンスクリーンをかけてポップアウト
スクリーンをかけて青3が中に切り込んでいったら、パスを出した青1がタイミングよくダウンスクリーンをかけましょう。青5はアップして、もともと青1がいたトップポジションに入り、スクリーンをかけていた青1はコーナーへポップアウトします。

STEP 03

逆サイドへの展開
アップしてきた青5にパスが入れば、STEP01〜02の動きをちょうど左右対称に展開することができます。逆サイドのローポストにいる青3が青4へスクリーンをセットして、コーナーにいた青4はフレックスカットをして中に切り込んでいきます。

STEP 04

繰り返し続けられるオフェンス
STEP02と同様に、パスを出した青2がダウンスクリーンをかけます。ローポストにいた青3がアップしてトップに入り、青2はコーナーへ開く。このように5人全員が入れ替わりながら動くことで、継続してオフェンスできることがこの戦術の最大の特徴です。
PLAY MOVIE

OTHER DIGEST

他のダイジェスト

一覧を見る