速攻練習のカギは、「早く走ること」と「わざと遅らせること」

状況をしっかりと判断し、もっとも適したオフェンスを

SHARE

STEP 01

速攻練習のカギは、「早く走ること」と「わざと遅らせること」
ファーストブレイク(速攻)においては、スリーポイントライン、ファールラインまで早くたどり着くことが重要です。この練習では、あえて片方の選手を遅れてスタートさせることで、その強化を図っています。ガードの選手は、しっかりと判断しパスを出すことが求められます。

STEP 02

状況をしっかりと判断し、もっとも適したオフェンスを
ディフェンスが詰め寄って来た時、ドライブで切り込んで行く時、ブロックをされそうな時など、多彩な場面に適したオフェンスを展開することで、得点に繋げていくことができます。ここでは、特にアウトサイドからのシュートを意識的に学んでいます。
PLAY MOVIE

OTHER DIGEST

他のダイジェスト

一覧を見る